ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2010年08月31日

携帯用の販売ページ

スマートフォンが流行っていて私もXperiaに変えて2ヶ月になります。
iPhoneの勢いもまだ治まらず、もしもアフィリエイトではiPhoneキャンペーンのしばらく1位が続いています。

それでも社会人のほぼ100%が持っている携帯電話の主流はこれまで通りの携帯電話です。
もしもドロップシッピングを最近始めた方でサラリーマンの副業として取組んでいる方は、携帯での販売ページで売上を上げておられるとお聞きしました。

前にセミナーでもご紹介しておりましたが、
携帯用販売ページは、PC版よりかなり情報量が少ないんです。
画像も、テキストもPCの1/4もあれば多いくらいかもしれません。

画像が縮小するなど手間があるかもしれませんが、もしもドロップシッピングには150×150の写真画像や、小さめのカートボタン素材がそろっているので販売に関しては問題がありませんね。

私もスリープトラッカーの販売では携帯販売を活用しました。
早朝3時ころの深夜の通販で紹介されていたので、深夜にPCをわざわざ立ち上げるお客様は少なくて携帯で検索して確認、購入ということが多かったと感じました。
夜だけではなくて、深夜に確認して翌朝のオーダーというのもたくさんありました。

スリープトラッカーという商品は朝の心地よい目覚しなんです。
朝になって気持ちよく起きれ無かった人が朝に購入を決めているのかなという推測です。深夜3時にテレビを見ていたら翌朝8時にシャキっと起きることはなかなか難しいですよね。

きっとスリープトラッカーを買った人は快眠まくらも欲しくなるに違いありません(^_-)

もしもで売上を上げるなら<公式通信教育>
posted by たけとみ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯のドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。