ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2011年02月17日

もしフェスの終了は残念だけど

3月でもしフェスサービスが終了するってメールが届きましたよね。

インターネット販売手法の移り変わりの速さを感じます。

始めるのも早いけど、撤退も早くできる。

これがインターネットの良いところですね。



焦燥感をあおる販売方法は、ずっと昔から使われていて

閉店セールやタイムサービス、今だけという売り言葉に

であったことありますよね。



都内の駅の改札でてすぐのところで、

よく今から1時間だけ高級ネックレスが1,000円という

屋台みたいなのがあったりしますが、

よくその前を通過する私は

このお店がずっと1,000円で販売していることを知っています。



でも、観光客が多いこの通りでは、

あら、今だけ安いのねー。

というお客様もいらっしゃるようです。



スーパーの17時から20%OFFは

いつものお客様に毎日来店していただきたい

という考えと

生鮮食品の消費期限内に売りつくせるように

夕方のタイムセールをしているようです。



インターネットショッピングの初期段階では

初めての来店のお客様をショップに誘導することが多いので、

限定セール、送料無料セール、などキャンペーンで購入を後押しするのはいいですね!



あなたのお店に来店されるお客様が常連さんの割合が多いと

使い方に工夫が必要になってきます。

いつも送料無料セールやってるよね?という疑問が不信感になると大変。

常連さんには「いつでも」送料無料サービスを提供しています。

という安心感のほうがプラスになりますよね。


あなたのお店は新規のお客様が多いですか?

常連さんが多いですか?


開店からしばらく経ったら考えてみるポイントのお話でした。

posted by たけとみ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | もしもアフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186366506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。