ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2011年04月24日

MacBook Air 11 プロジェクターとの相性

MacBook Air 11を手に入れてから、もうすぐ半年になります。

以前い使っていた、DynaBook MXは実業家の友人にお譲りでき活躍しているそうです。

昨日は、勉強会にMacBook Air 11を持ち込んだのですが、
私がうっかりVGAコネクターを忘れてしまい
画面出力ができないままの勉強会となってしまいました。

3月末には大阪のセミナーでも現地のプロジェクターを使いましたが
Windowsマシンと遜色なく、何の問題もなく使うことができています。

今のところ、プロジェクターとの相性でつながらない。ということは
ありませんでした。


レンタルするばかりではなくて、自分でもプロジェクターが欲しいと
思っていたところに、気になるプロジェクターを発見してしまいました。



写真では大きく見えますが、
実際に秋葉原のヨドバシカメラで実機を触ってみたら、
手のひらからちょっとはみ出すくらいのサイズで、非常にコンパクトです。

(幅)×(高さ)×(奥行) 160×58×136mm  (突起部含まず)

厚み(高さ)がもう少し薄いとMacBook Airと一緒にお出かけしやすいなと思います。
これからLEDのプロジェクター増えてくれないかなーと個人的には願ってます。




最近見かけたMacBook 11 用のケース






【PR】自転車選びの超定番のまとめ
posted by たけとみ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook Air 11インチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。