ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2012年02月11日

悩みは熱いうちに解け!売れるドロップシッピングショップ運営の方法

悩みは熱いうちに解け!っていうのは、私が主宰するセミナーのサブタイトルでもあります。なんでも頭で考えていること&机上の設計と、実際にやってみると違いが出てくるものです。この違いを悩みって言うんですよね。

悩みが出てくるのはいいことです。
実行していないと悩みは出てこないからです。

もしも大学特待生コースのみなさんからの悩みのご相談はとっても具体的だと感じています。それは、すでにショップ作成にチャレンジしていらっしゃって悩みが出てきているからですね。
ショップ作成しただけでは売れませんので、どうやって販売実績を増やしていくか??というところが一番の悩みになるようです。

この一番の悩みへの解決は、ショップの作り方、ターゲット顧客、想定利益率によってまったく異なるアクションになるんです。

解決策が1つだけある。ってものじゃないので、もしも大学特待生制度をつかって自分にピッタリの解決策を指南してもらうのが効果的なのかなと思います。

私自身も3期4期6期7期8期と特待生を経験した特待生OBなので、こんな悩みを持つみなさんのお気持ちがよくわかったりします。

今悩んでるなら、今の悩みを忘れないうちにチャレンジしてみてください、

もしも大学19期特待生応募ページ

締め切り直前ですので、確認だけは今すぐ!をオススメします。

posted by たけとみ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | もしも大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。