ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2012年03月09日

New iPadは何ギガを選ぶべきか

ストレージ(HDD)容量が後で増やせない

3月8日の未明にiPadの3rd Generationが発表されましたね。

iPadの記憶装置はHDDではないため、ストレージって書いてます。



搭載ストレージ容量によって価格が違うわけなんですが、

16GB、32GB、64GBのどれを選べばいいかに迷うところです。

それぞれの容量違いの間は、約8,000円の差額なんですが、

あとで追加したり外付けストレージが無いので、

最初は小さくして後で増やすということができないので

オーダー前に悩む必要があるんです。

逆に言うと、64GB以上のストレージは購入できないってことになります。



容量だけで決めてしまう

簡単なのは、思い切って64GBを買ってしまうことですね。

ラインアップ最大のストレージ容量を選んじゃったら

もうこれ以上は選べないからしかたないじゃん!っていう開き直り状態です。

iCloudを使うと決めて16GBモデルを購入することも思い切りですね。

どうせ何ギガを選んでもiCloudは使いますよね。

iCloud



使い方で決める

使い方で決めるのは一番説得力がありますよね。

でも、本当にそのように使うの??っていう疑問はあります。

わたしは、初代iPadを持っている友達に聞いたんですが、

保存した個人的なデータは、1GB程度だなーと言うことでした。

彼は夫婦で使っているんですが、

Wi-Fiモデルで自宅内やモバイルルーターで外出先で使うのがメインだそうです。

映画をダウンロードしたり電子書籍を読んだりはしていないので

ストレージは余っているという分析でした。



わたしはセミナーへ持ってでかけたり、プレゼンができるほかに、

電子書籍もアプリもそこそこ使いたいと思っているので

64GBを選択してオーダーしちゃたんですが。。。

MacBook Air のビデオ出力ケーブルは共有できないので、

プロジェクターやモニターへの出力用にケーブルを購入しないといけなくなりました。

追ってレポートしてみます。



今年のドロップシッピングセミナーでプレゼンに使ってみようかな!?
タグ:iPAD
【関連する記事】
posted by たけとみ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ipad 3gen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256603716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。