ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2013年01月01日

Appleの福袋が気になる新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2013年も起業と副業のバランスを考えるあなたと活動を開始していくぞー!
本年もよろしくお願いいたします。

さて、年末年始を実家で過ごすために、MacBook Air11インチをお供に連れていくことになり
もしかしたら新しいサイト構築作業で画像をあれこれするかもということで
年末にMagic Mouseをアップルストア銀座で購入しました。

大阪のビジネスパートナーさんが、Magic Mouseを使っていたのを見て
欲しい!と直感的に感じ翌日購入しちゃったんです。

しかし、Amazonだとあれ!?安い!
今日が元日だからかな。。。アップルストアで6,800円で購入したんだけど、
2013年1月1日のAmazon価格は5,918円だ。
↓あなたが見る今日の価格はどうなっていますか?↓


実は、アップルストア銀座に行く前に、
有楽町のビックカメラのMacコーナーに立寄りました。
あわよくばビックカメラのポイントをもらおうという魂胆だったわけですが。。。

在庫を見てもらうと。。。「在庫なし」
小雨の降る中10分くらい歩いてアップルストア銀座店に移動する途中に、
在庫があるか聞いてみようかなと思って電話をしてみました。
自動応答の音声ガイドでしたが、
「あなたからのお電話は大切です」なんて言われるんですねー(^^♪
「あなたの前にお一人がお待ちです」というのでちょっと待ってみたのですが、歩くほうが早かったので電話を切ってお店に入店。

いつも混んでますね。
階段で2階に移動するとMagic Mouseは10個ほど店頭に在庫がありました。

Barで使い方の相談をしている人がけっこういるんですね。
LC630からのMacユーザーですが、当時は雑誌を見ながら使い方を覚えたように思います。きっと使いやすい使い方の30%くらいしか理解してなかったのかも。

購入したいとスタッフに告げると、
私の担当をしてくれる女性スタッフさんが来てくれたので、
さっそく電池について質問をしたのですが、
パッケージには書いてなかったので自分のiPhoneでWeb検索して調べました。

Magic Mouseは単三2本が最初から付いてきます。
Apple Store Onlineには充電式のApple Battery Chargerのお奨めが出ていますが、市販の電池で稼働しますので私は購入しませんでした。

「お支払いはカード?orキャッシュ?」と聞いてくれます。
夏にアップルストア心斎橋でiPadのケースを購入したときも聞かれたような気がしますね。
領収書をお願いしたら、私の名前をスタッフさんのiPhone端末で入力、
メールアドレスも入力したらpdfで領収書データを送るよとガイドしてもらえました。
面白がってメールを受け取ったのは言うまでもございません(^_^;)

アップルマークの入ったビニル袋に入れてもらって受け取るときに
「世界中のアップルストアでサポートが受けられます」と言われます。
今のところ世界に羽ばたくことは無いんですが。。。

2階から1階への移動にはエレベーターを使いました。
カゴ部分がL字になっているし、ガラス張りだし、エレベーターもユニークですね。

年末にこんな体験をしてしまったので、
1月2日のアップルストア初売り、福袋に並ぼうかなーって悩んでるんですけど
何が入っているかわからないくらいなら、onlineでお買い得製品をGetしたほうがいいのか。。。
とも悩んでます。

今年もよろしくお願いします。
posted by たけとみ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook Air 11インチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

Macbook Air 11とプロジェクター

Macbook Air11インチを購入してまもなく1年になるんですが、

このたびとうとうプロジェクターも購入しちゃいました。





Macbook air 11は、本体の解像度が1,366 x 768ピクセルなんだけど、
セミナー会場でレンタルしてくれるプロジェクターは一世代古いことが多くて
800 x 600ピクセルくらいに自動変換されるか、
うんともすんとも言わないってことがありました。

セミナーのプレゼン資料が間延びしちゃうと講師の私はモチベーションがぎゅーんと下がっちゃいます。
セミナー参加者さんは、最初からこんなものかって思ってると思うので気が付かないかもしれませんけど。。。


今回プロジェクターを選択するにあたって、
めっちゃ調べてみました。
プロジェクター選びは本当に真剣にやってよかったなと実感してます。


まず、データプロジェクターか映画鑑賞用かをちゃんと決めるほうがいいです。
PCとつないでパワーポイントやKeynoteでプレゼンテーションをする場合は、データプロジェクターになります。私はこちらですね。

高解像度を求めていないので、今回のBenQ MS614を最終的に選びました。

MS614は、プロジェクター側の本当の解像度(リアル解像度)は、SVGAで800×600なんです。
Macbook Air11の、FWXGA1,366 x 768(HDとも言う)より下の解像度なんですね。

でも、MS614側で自動変換してくれるので、Macbook Air 11の1,366 x 768を表示することができるんです。
MS614の対応範囲は、VGA(640X480)~UXGA(1600X1200)になります。

Windowsマシンでも充分に対応できる範囲だと思います。



ちなみに、他のプロジェクターで迷ったのは、




MS614と比べて、リアル解像度がワンランク上になります。



でした。


安くてキレイで、そして従来より軽い本体がかなり気に入っています。

⇒ ためしに部屋の壁に資料を投影したらこんな感じ

今週土曜日にプロジェクターをデビューさせます☆


posted by たけとみ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook Air 11インチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

MacBook Air 11 プロジェクターとの相性

MacBook Air 11を手に入れてから、もうすぐ半年になります。

以前い使っていた、DynaBook MXは実業家の友人にお譲りでき活躍しているそうです。

昨日は、勉強会にMacBook Air 11を持ち込んだのですが、
私がうっかりVGAコネクターを忘れてしまい
画面出力ができないままの勉強会となってしまいました。

3月末には大阪のセミナーでも現地のプロジェクターを使いましたが
Windowsマシンと遜色なく、何の問題もなく使うことができています。

今のところ、プロジェクターとの相性でつながらない。ということは
ありませんでした。


レンタルするばかりではなくて、自分でもプロジェクターが欲しいと
思っていたところに、気になるプロジェクターを発見してしまいました。



写真では大きく見えますが、
実際に秋葉原のヨドバシカメラで実機を触ってみたら、
手のひらからちょっとはみ出すくらいのサイズで、非常にコンパクトです。

(幅)×(高さ)×(奥行) 160×58×136mm  (突起部含まず)

厚み(高さ)がもう少し薄いとMacBook Airと一緒にお出かけしやすいなと思います。
これからLEDのプロジェクター増えてくれないかなーと個人的には願ってます。




最近見かけたMacBook 11 用のケース






【PR】自転車選びの超定番のまとめ
posted by たけとみ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook Air 11インチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。