ノウハウ記事 セミナー記事 もしも大学特待生 もしもドロップ
シッピング塾

2011年10月16日

オリジナルショップ構築ライブセミナー

もしも大学の公認講師になってまもなく2年になります。

最近ドロップシッピングを始めた方が

初めての売り上げを経験して喜ばれる姿をみると私まで嬉しくなってしまいますね。



ドロップシッピングもインターネットショップを運営することなので

一般企業とも競合するわけで

そんなネットショップ同士の競合の中で

お客様からご注文をいただけるってことがとっても嬉しい!という気持ちになりますよね。



ネットショップの構築をお教えするもしも大学だからといって

メールやWEBだけでの接点では

お伝えできることは限られてしまうし

逆に私たち公認講師に聞きたいことにも限界があるんだと思っています。



メールやWEBは便利だけど、

ライブでショップオーナーさんと絡んでいきたいと思い

今年の秋はライブセミナーを実施することにしました。



9月には東京・渋谷で開催させていただき

初めてお会いする方にたくさんご参加いただきました。



先ほども言ったようにネットショップという市場での競合を意識して

ドロップシッピングという枠内を超えた運営手法をたくさんご説明し

ご参加者様の満足度はそうとう高くご評価いただけました。



良いご評価をたくさんいただいた後はとっても緊張します。

前よりつまらない・・・と言うことがないように

さらに充実した内容にブラッシュアップしなければいけないからです(>_<)



来週22日には名古屋で、23日には大阪で

ドロップシッピングのオリジナルショップ構築ライブセミナーを開催します。

大阪会場は思い切って大きな会場をご用意したので

まだお席がご用意できますので

ご参加を迷ってらっしゃったら今すぐお申込みをお奨めします。

オリジナルショップ構築ライブセミナー


名古屋会場は、残席わずかとなっていますのでお早めにどうぞ!


(2011年10月16日現在)


ショップオーナー様の声をたくさん吸収して

またこちらのブログや、

もしもドロップシッピング塾でノウハウなどをご提供したいと思います。


posted by たけとみ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピングセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

Macbook Air 11とプロジェクター

Macbook Air11インチを購入してまもなく1年になるんですが、

このたびとうとうプロジェクターも購入しちゃいました。





Macbook air 11は、本体の解像度が1,366 x 768ピクセルなんだけど、
セミナー会場でレンタルしてくれるプロジェクターは一世代古いことが多くて
800 x 600ピクセルくらいに自動変換されるか、
うんともすんとも言わないってことがありました。

セミナーのプレゼン資料が間延びしちゃうと講師の私はモチベーションがぎゅーんと下がっちゃいます。
セミナー参加者さんは、最初からこんなものかって思ってると思うので気が付かないかもしれませんけど。。。


今回プロジェクターを選択するにあたって、
めっちゃ調べてみました。
プロジェクター選びは本当に真剣にやってよかったなと実感してます。


まず、データプロジェクターか映画鑑賞用かをちゃんと決めるほうがいいです。
PCとつないでパワーポイントやKeynoteでプレゼンテーションをする場合は、データプロジェクターになります。私はこちらですね。

高解像度を求めていないので、今回のBenQ MS614を最終的に選びました。

MS614は、プロジェクター側の本当の解像度(リアル解像度)は、SVGAで800×600なんです。
Macbook Air11の、FWXGA1,366 x 768(HDとも言う)より下の解像度なんですね。

でも、MS614側で自動変換してくれるので、Macbook Air 11の1,366 x 768を表示することができるんです。
MS614の対応範囲は、VGA(640X480)~UXGA(1600X1200)になります。

Windowsマシンでも充分に対応できる範囲だと思います。



ちなみに、他のプロジェクターで迷ったのは、




MS614と比べて、リアル解像度がワンランク上になります。



でした。


安くてキレイで、そして従来より軽い本体がかなり気に入っています。

⇒ ためしに部屋の壁に資料を投影したらこんな感じ

今週土曜日にプロジェクターをデビューさせます☆


posted by たけとみ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook Air 11インチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

競合しない商品を探すには

新橋のカフェから
通販で何か買ったことある?


あなたは通販で何か買ったことがあるだろうか?

わたしはコーヒーポッドや文具、本などを購入することが多いですが、どれもどこでも買えるものなんです。どこでも買えるものなのですが、ホントはどこでも買えるというわけじゃないものなんです。

(理屈をこねてるわけじゃないんですよ(@_@;))

例えばコーヒーポッド、自宅ではエスプレッソコーヒーを飲むのですが、近所のコーヒー豆屋さんにはエスプレッソ用の豆がほとんどなかったのと、やっぱりポッドのほうが汚れず手軽に扱えるので、ポッドを選んでしまうんですね。近所で手に入らないので以前は都内までまとめ買いに行っていました。
通販で見つけてからはもちろん毎回通販で購入しちゃうんです。買いに行かなくていいってことは荷物にならないし、価格は約300円だけ安かったんです。




欲しいものを検索すると


「コーヒーポッド 通販」で検索すると、どうも競合が少なそうでした、もっと検索してみると「カフェポッド 通販」は敵だらけ…もしポッドのことを良く知っていたら「コーヒー」という言葉と紐づけることに抵抗があったかもしれません。「コーヒー
 ポッド」で検索した私ですから、似たようなお客様もきっといるはず。専門家じゃなかったから見つけたキーワードだったと思います。

残念ながら当時もしもドロップシッピングでは取り扱いがなかったので販売ページは作っていませんが、いまならアフィリエイトですよね。


競合しない商品と競合しないキーワード


競合しないキーワードを見つけることは、競合しない商品を見つけたのと同じこと、普通思いつかない使い方やアイディアを思いついたら、すぐに検索してみるといいですよ。思いついてもすぐ忘れてしまうので、メモを必ず持ち歩くことです(^_-)



インターネット検索のあとは、もしもドロップシッピングでも検索♪
取り扱いがあれば超ラッキーですね。


【PR】オリジナルショップ構築のライブセミナー!東京・名古屋・大阪で開催!
タグ:商品選び
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。